スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | TOP↑

背中ニキビ対策!毎日の食事で意識して摂取したい栄養は!

一度できるとなかなか治らないのが背中ニキビです。やはりケアの一番のポイントは食事で予防することかなと思うこともあります。そこで、ここでは背中ニキビを予防するための栄養や食事メニューについて考えてみます。ニキビ予防に食事の栄養バランスを見直すことは、意外と効果がありますので、皆さんも是非実践してみてください。

まずニキビに良い栄養として挙げられるのがこれらです。やはり洋食よりも和食の方がいい感じですね。

●ビタミンC
抗炎症作用があるのがビタミンCです。このビタミンCが少なくなると炎症を抑える手助けができなくなるそうです。そこでビタミンCを含む食材といえば、牛乳・大根おろし・ネギ・果物類(レモン・オレンジ・イチゴ・柿など)・トマト・ニラ・キャベツ・レタス・小松菜・春菊・アスパラ・白菜・青豆・レンコン・ゴボウ・ニンジン・ニンニクなどがあります。概ね野菜や果物は率先して食べたいところです。

●ビタミンA
ビタミンA不足は、毛嚢孔の角質増殖につながり、毛穴がふさがりやすくなるそうです。そこでビタミンAを多く含む食材が、うなぎ・バター・卵・牛乳などです。さらにカボチャ・にんじん・トマト・小松菜・春菊・フルーツ類(桃・みかん・ビワ・バナナ・イチゴ)などにも含まれます。

●ビタミンB2
脂質の代謝と関係があるのがビタミンB2です。ビタミンB2を多く含む食材が、牛肉・ハマグリ・アサリといった貝類。さらに、サバ・ワカサギ・ウニ・かぼちゃ・トマト・キュウリ・大豆食品(青豆・納豆・味噌など)で、他にもレバー・酵母・ホウレンソウ・牛乳・焼き海苔・干しシイタケ・ワカメ・サバ・卵などにも含まれます。

●ビタミンB6
皮脂分泌と関係があるのがビタミンB6です。その代表がレバーです。他にも牛乳・ホウレンソウ・サバ・干しシイタケ・焼き海苔・ワカメ・卵・酵母といったものに含まれます。ビタミンB2と重なるものが多いですね。


最後に背中ニキビに良くない食べ物を紹介しておきます。その代表が甘いものです。アイス・ケーキ・チョコレート・お煎餅・ナッツ類・揚げ物・焼肉などですね。脂っぽいものは個人差もありますが、結構ニキビができるという方が多い気がします。食べるにしても適量がいいみたいですね。
関連記事

タグ : ニキビ予防,

| 背中ニキビ対策 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。